2016年07月04日

あれから1年

imageあれから1年…
あっという間の1年…
だけどいろんなものいっぱい乗り越えて、いっぱいの幸せを手に入れた、なんというか…濃い、1年。

去年の6月29日、1歳5ヶ月になったゆーわんを抱っこして、ジャッジアとキラヨシをそれぞれキャリーケースに入れ、そのキャリーケース2つをベビーカーに乗せて、神戸へ向かう新幹線に乗った。
3年暮らした関東を後にして、シングルマザーとして新たな人生を歩むべく、私は進んでいた。
沢山の荷物と、沢山の思い出と、沢山の涙と、これからの生活への沢山の不安、心にぽっかりとあいた大きな大きな穴、笑顔で手を振る元夫と、そのパパに笑顔で手を振るゆーわんと…
思い出すだけで胸がしめつけられる。

あれから1年。
パパには1度も会っていないけれど、2歳5ヶ月になったゆーわんは、いつも笑顔で元気いっぱいの女の子に成長した。
私は元町にあるお洒落な有機ナッツ専門店で時々バイトなんぞししつつ、美しい神戸の街を笑顔で眺め、ひとりで珈琲を飲む余裕もできた。

未来に対する不安がないと言えば嘘になるだろう。
だけど、正しい道を歩いているという確信がある。

あれからちょうど1年たった6月29日の夕方、いつものように保育園へゆーわんを迎えに行った。
「ママー!!」
と手を振りながらニコニコ笑顔で私に抱きついてくれるゆーわん。
本当に愛おしい。

2人きりになってから、しゃがんで彼女と目線を合わせ、話しかける。
私「ゆーわ、ちょうど1年前、去年ね、ゆーわとママとお兄ちゃんとお姉ちゃんで新幹線乗って神戸帰って来たん、覚えてる?」
ゆーわん「おぼえてる」
私「パパがおてて振ってて、ゆーわもおてて振ってたの、覚えてる?」
ゆーわん「うん」
私「ゆーわ、パパの事覚えてるの?」
ゆーわん「うん」
私「そっか…パパに会いたい?」
ゆーわん「うん」
泣きそうになる私。

話題を変えて、バス停へ向かう。
しばらくして、ゆーわんが言う。
「ママ、だっこして」
保育園の荷物は多い。
右と左の両肩に大きな鞄を持ち、10kgのゆーわんを抱え上げる。
すると彼女は私を抱きしめ、耳元に口を近づけてこう言った。
「ママ、だいすきだよ」
重さを忘れ、また泣きそうになる私。

バスを降りてからも抱っこをせがまれ、ゆーわんを抱く。
また私を抱きしめて、こう言うゆーわん。
「ママ、だいすきだよ」

しばらく歩いた後、ゆーわんが言う。
「ママ、あっちのみちとおりたい」
私は
「もう、遠回りになるよ…」
と言いながらも彼女の行きたい道へ行く。
そして抱っこから降りたゆーわんが言う。
「おててつなごぉ」
そして私と手を繋いだゆーわんはこう言った。
「ママ、おさんぽたのしいね。
ママとおさんぽしたかったの」
雨上がりの歩道、お花や鳥達を見ながら、2人で歩く。
美しい世界。
ゆーわんがいる。

「ママ、ゆーわのママになれて本当に嬉しいの。
ゆーわ、ママのところに来てくれてありがとうね。
ママのこと選んでくれてありがとう。
ママの子になってくれてありがとうね。
大好きよ」

ゆーわんは何も言わず、ただ、笑顔を見せてくれた。


写真は元町にて、お得意の「ビューティー♡」のポーズをするゆーわん。
手に持っているのはビーガンリップ。
リップを塗って美しくなったらしく、このポーズなのである。

ゆーわんは可愛い。
本当に可愛い。
親バカかもしれないけれど、ゆーわんは可愛い。
宇宙で一番可愛い、最愛の娘である。

task06009 at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2016年01月16日

the biginning of 2016

imageみなさま、あけましておめでとうございます。
って、ちょっと遅すぎるかな〜(笑)

昨年は離婚してシングルマザーになって関東から関西へ帰って来て…と、なかなかわくわくワイルドな1年でした(苦笑)

今年は、私的にビッグな目標がひとつ。
それは年末までにロンドンへ行く、というもの。
観光というか偵察旅行というか。。

実は今すぐではないんだけど、将来的にロンドンで生活したいな、と考えているんです。

いやいや、どーやってジャジキラ(猫達)連れて行くねん?

とか

ゆーわんの学校は?

とか

英語ほとんど喋られへんやろ!

とか

そもそもそのお金どないすんのん!?

とか

…まぁいろいろありますが、出来ない理由を並べたててもしゃーない訳で。
どうやったら出来るかを考えなきゃ一生夢なんて叶わない訳で。。
とゆーかあんまり考えずに宇宙を信頼するのがたぶん正解で。
ご都合主義スピリチュアル?
でもスピ的考えを抜きにしても、出来ひん理由を考えてるうちは、当然絶対に出来る訳がないんよね。
私はそういう不毛な事はしたくないから、とにかく前に進むのみって思って生きてます。

ずいぶん前からイギリス人ビーガンの友人Jに
「2つ持ってる部屋のひとつを貸したるから、こっち(ロンドン)来て陶芸やれ。
ここはクールなエリアやぞ〜!
アーティストとかミュージシャンがいっぱい住んでて、貸し工房やら窯もある。
猫連れて早よ来い!!」
と言われてて。
いやまぁJは日本語全く喋れないので、上のはnaoの意訳ですけどね(笑)
でも当時の私はもうちょっと京都で自分を試したかったんです。
で、1年頑張って何も大きな変化がなければ、それから真剣にロンドン行きを考えよう、と。

最初にその話をもらったのは、私のアトリエ&ショップ"vegan pottery nao"をオープンする前後の事だったように記憶しています。
だけどその後、結婚して、関東へ移住して、ゆーわんが生まれて…とバタバタしてるうちに何度も何度もお正月を迎えていました。

昨年、離婚の報告をJにした時、彼にまた言われたんですね。
ロンドンへ来い、と。
その時、なんか急に、私の中でロンドンが現実味をおびて来たんです。
なんでやろうねぇ…貯金ゼロやのに(笑)

ま、そんなこんなで、ロンドン移住はもうちょっと先だとしても、今年中にとにかくその部屋とか街の様子を見に行こうって決めました。

はてさて、できるかな〜?
宣言しちゃえばできるさ、多分。

そうそう、今年は久しぶりに展覧会もやりますよ。
日本画を描くうちの母との2人展で、10月に地元の六甲道で開催します。
また告知しますので、みなさんぜひぜひ遊びにいらしてくださいね。

では、今年もどうぞよろしくお願いします☆

写真は、私が大学生の時に愛用していたおサルのジョージリュックを抱きしめるゆーわんです♡

task06009 at 02:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2015年11月10日

『子育て』とやらについて、思うこと

imageみなさま、またまた大変ご無沙汰しております。
前回のヨレヨレな投稿からまたずいぶんと時間がたってしまいました。
この約4ヶ月の、日々の細かいことなんかはfacebookに投稿してますので、ご興味ある方はご覧くださいね。
(一部ケイタイからは見れないみたいなんですが、パソコンからだとFBに登録してなくても見れますよん)

えと、まず目についてですが、心配をしてくださったみなさん、ありがとうございました。
おかげさまで、目は回復しています。
FBフレンドの方に、食事から指導をしてくださる超素敵な眼科の先生を紹介していただき、食事療法で現在ほぼ完治しました!
私は西洋医学を全否定も全肯定もしない、ゆるやかな肯定派ですが、食べ物の大切さを今回、身をもって知りました。
ジャンク不良ベジタリアン、ええかげんちゃんと卒業しなきゃねぇ・・・(苦笑)

教えていただいたのは、こちらふかもり眼科さん。
なんと院長先生はビーガンかつローフードマイスターさん。
こんな素敵な眼科が関西にあったことにただただ感謝です。
紹介してくださったSさん、そしてふかもり先生、本当にありがとうございました。


さてさて、では本題。
『子育て』とやらについてです。
めーっちゃ長いですが、ここより先はfacebookの投稿からのコピペです。
あしからず。。


絶対的な正しさというものはなく、子育てに正解というものはない。
自分が正しいと信じること(多分こうすれば最終的に子供が幸せな人生を歩めるだろう、と思う選択)をするしかない。

私は子供の頃、沢山の愛情をもらいつつも、かなり厳しく育てられた。
どうしてなのか理由がわからないのに、禁止される物事の多かったこと。
同じく理由がわからないのに、本当に辛くて苦しくて嫌なのに、強制される物事の多かったこと。
いくら沢山愛されても、やりたいことが出来ず、死にそうなくらい嫌なこと(私の場合、勉強)をやらされ続けると…しかもそれが何故なのかわからないと…当然子供は萎縮してしまう訳で。
私は中学に上がる頃にはもう人生に絶望していたし死にたかった。
大好きだった音楽も、得意だった図工も、どーでもよくなっていた。

子供は『しつけ』という名目のもとに、大人の都合のいいように調教してはいけないと思う。
もちろんこの世界、この社会で生きて行く為のルールはきちんと伝えるのが大人の義務ではある。
ただ、そこの線引きが人(大人)によって違うのが難しい…よね。

私は親の言うことを素直にきく子が良い子だとは思っていない。
(そりゃ親としてはそっちの方が楽だろうけどね)
言われたことを何の疑問も感じずただ素直にやってれば、子供時代はみんなに褒めてもらえるし幸せかもしれない。
でも、その子が大人になった時、はたして幸せでい続けられるだろうか?
私には疑問だ。
何の疑問も感じず学校の勉強を素直にやる成績優秀な子供と、何故勉強なんかしなきゃいけないのか疑問に感じる成績の悪い子供。
大人になった時、どっちが幸せな人生を歩んでいるだろう。
私にはどうしても後者であるように思えるのだ。
(もちろん子供の数だけいろーんな子供がいるのだけどね)

1歳9ヶ月のゆーわんは、もうすでに手がつけられない程ワガママで頑固である。
(子供時代の私にそっくりらしいが…苦笑)
で、私の育て方は甘過ぎる…らしい。
でもね…私は、私にとってどーでもいい大人の都合なんかより、もっと大切なことを優先してゆーわんに伝えて行きたいし、何よりもこれから先、ゆーわんが自分自身で幸せな人生を歩んで行けるようにしてあげたいのだ。
何が好きなのか、何がやりたいのか、そんな当たり前のことをちゃんと知ってる大人になって欲しいのだ。
今ちょっとくらいお行儀が悪くても、多分もう少し大きくなって、きちんと理由と共に説明してあげれば、テーブルマナーをはじめとする社会生活を行う上での基本的なマナーは、ちゃんと身につけてくれると思っている。
それよりも、今お行儀を良くする為に彼女に強制や強要、禁止事項を押し付け、それで彼女が萎縮してしまうことの方が心配なのだ。
そんなことより、この世界は楽しい、ゴハンを食べるのは楽しい、生きてるのは楽しいって感じさせてあげたい。
大人に対して言いたいことが言えず、ただ素直なだけの自分のない子供にしてしまう…それだけは絶対に避けたいのだ。
別に歩きながらお菓子食べててもええやん(←いや、あかんやろw)。
それよりも私は、家畜も含めた全ての動物達の命の大切さや優しさ、思いやりを伝えて行きたいし、何よりもゆーわんがちゃんと自分自身の人生を歩めることが大切なのだ。
この世界に生まれて来た目的をちゃんと達成できるように、ゆーわんがゆーわんであり続けられるように、萎縮せず、のびのびと大きくなって行けるように…

当たり前だけど、子供は親の持ち物ではない。
子供の人生は子供のものなのだ。
親の務めは、自分の価値観を子供に押し付けることなく、子供が自分で判断し、進んで行けるように手助けをしてあげること。
どんなに良かれと思っても、手を引っ張ってどっかへ連れて行ってはいけない。
そう私は思っている。
だから私はゆーわんにベジタリアンであることを押し付けたりしないつもり。
もちろん今は小さな彼女の身体を守る為にも動物達の為にも地球環境の為にも、わざわざお肉やお魚を食べさせたりはしてないけどね。

また熱く暑く、そしてエラソーに語ってしまいましたが、ワタクシnao、親として人としてまだまだ未熟者であります。
ついイライラしてゆーわんに
「ク○ガキ!」
とか
「ア○!!」
とか、暴言を吐いてしまうこともしばしば…
(親業向いてなさ過ぎww)
でもでも、だけど、私なりに精一杯、最善をつくして、ベストをつくして、ゆーわんという人を、押しつぶしたり歪めたりせず、大きくふんわりと包んで、大きく大きくして行ってあげたいのです。
その気持ちだけは本物なのです。

また長くなっちゃってごめんなさい。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


写真は『やんちゃ坊主ゆーわん、公園で遊ぶ』の図です♡

注:ゆーわんは女の子(笑)

task06009 at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2015年07月17日

ご報告

imageFacebookフレンドの方にはお伝えしておりましたが、私naoは離婚をして、神戸に戻って来ました。
(元夫、青木晋太郎さんが気を悪くしてはいけないと思い彼以外のフレンド向けに投稿していました。が、理由はどうであれ自分がされて嫌な事はやめておこう…と、すぐ全Facebookフレンド向けの投稿に変えたのですが、この件で不愉快な思いをされた方がいらっしゃったようなのでこの場を借りて謝罪させていただきます。申し訳ございませんでした)
ジャッジアとキラヨシ、そして優和という3人(2匹と1人)の子供と一緒に、これから大好きな神戸で生きて行きます。

最後、東京駅で晋太郎さんはずっと笑顔で手を振っていました。
ゆーわんも笑顔でパパに手を振っていました。
私はバカみたいに泣いていました。
なんでこんな事になっちゃったのか…
どんな事も全部必要な経験で、この出来事から私はちゃんと成長できるはずだから…
前を向いて…
笑顔で…

神戸での日々は慌ただしく、なかなか落ち着きません。
子供を連れての離婚というのはこんなに大変なものなのか、と痛感する毎日。
だけどシングルマザーとなった今、甘えた事を言っているヒマはなく、とにかく陶芸を再開してゆーわんを養って行かなければいけない。
…と思っていたら、黄斑変性という目の病気を患ってしまった私。
物が歪んで見えるので、このままでは陶芸ができないという状況になってしまいました。
失明の可能性もある病気らしいので見えているだけでありがたいのですが、陶芸できなくなってしまったら、どうしたらいいんだろう。。
なんでこんな事になっちゃったのか…
どんな事も全部必要な経験で、この出来事から私はちゃんと成長できるはずだから…
と、また同じ事を考えてみたり。
あーチキショー治してやる!
絶対治してやる!!
と心の中で叫んでみたり。
体も心もなんだか忙しい毎日。

病気には必ず原因があります。
で、いろいろ調べてわかった事は、いろんな事が重なり合ってこの病気を患ってしまったんだなって事。

人間の精神力の限界をはるかに超えた陣痛という名の拷問の後、人間の精神力と体力の限界をはるかに超えた出産という体験、そしてこれまた人間の精神力と体力の限界をはるかに超えた子育てという名の終わらない修行…
突然、私の所へやって来たこれらの経験は、ベジ歴10年目とはいえ40歳を過ぎた身体には少々過酷だったのでしょう。

加えて、慣れない関東での暮らしによるストレス。
神戸生まれ神戸育ちの神戸っ子、京都で生活していた事はあるものの、のどかな埼玉という土地は、私には向いていなかったようです。
本当にとても良い所だったのですが。。

そして元夫の青木晋太郎さんがアスペルガー症候群だった事も私を苦しめました。
彼が悪い、という意味ではありません。
彼は一生懸命、私と優和を支えようと努力してくれました。
その事に、私は今でも本当に感謝しています。
誤解を恐れずに言えば、彼はアスペルガー症候群ゆえ、あの天才的な音楽の才能を持っていたのではないか、そう思っています。
でも、だからこそ、私は今でも彼が天才だと心から信じているし、今でもやっぱり誰よりの青木晋太郎ファンなのです。
だけど、助けを求めても会話が成立せず、感情の交流も一切望めない、一緒にいてもいつも独りぼっちな毎日…
それは実家の親兄妹も昔からの友人も誰もいない慣れない土地で、初めての子育てをする私には耐え難いものでした。

2人の娘である優和に対する彼の態度もまた、私を苦しめました。
もちろん彼に悪気なないのですが…
私が頼めば、彼は娘を抱いてくれましたが、頼まなければ1週間でも1ヶ月でも、彼女に指一本触れなくても、それどころか顔を見なくても、平気なようでした。
同じ屋根の下で暮らしていましたが、私とゆーわんがパパに会えるのは1日のうち1時間もないのが当たり前。
一緒に眠らない。
一緒に食べない。
それは彼(と彼の実家のご家族)にとっては普通の事なんだそうですが…

私はいつもいつも、優和と2人きりでした。
ジャッジアとキラヨシもいたけれど、知らない土地で自分はいつも独りぼっちの気分でした。
会話のできる大人が誰もいないので、いつもジャッジアとキラヨシとゆーわんに話しかけていました。
とても…寂しかった。
家族3人と2匹で仲良く暮らしたかった。。
ただ、それだけだった。。。

気が付けば、離婚。
バタバタと、引越し。
そして神戸へ戻って来て4日後、突然世界が歪んで見えるようになってしまったのでした。


幸か不幸か、身も心も疲れ切っていても、いくらでも母乳が出る私。
完全母乳でスタートし、西原式育児の影響で離乳食の開始はだいたい1歳になってから、そして1歳半になった今も食事の半分以上が母乳のゆーわん。
1年半も母乳という名の血液を毎日たっぷりあげ続けていた事も病気の原因のひとつかもしれません。
それでも、母乳は完全栄養食だと言うし、授乳の時間は私と彼女にとって何よりの楽しい幸せな時間だし、私はできる限りゆーわんにはおっぱいを飲ませ続けてあげたい、と思っていました。
ところが、大学病院で眼底造影検査というものをを受ける事になり、それをすると2日間は授乳ができないそうなんです。
自分の身体に副作用が出るのは我慢できるけれど、まさかゆーわんにまで被害が及んでしまうとは…
検査の日を4週間後にしてもらったので、残念だけどそれまでに卒乳を目指し、間に合わなければ、断乳という、ゆーわんにとっても私の身体にとっても辛い選択をせざるを得ない感じで…
はぁ…

なんだか全然まとまりのない、しかもかなりの長文になってしまいました。
最後までお読みくださった皆さん、ありがとうございます。
それから関東の皆さん、そして青木晋太郎さん、今まで本当にありがとうございました。
お世話になりました。

写真は少し前のゆーわん。
私の作品でルイボスティーを飲んでいます。
ゆる龍のおちょこは、彼女に言わせると「るー」の「っぷ」(龍のコップ)。
ゆーわんは今日ちょうど1歳半になりました。
日々成長する彼女とともに、これからも前を向いて歩いて行きます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

task06009 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2014年11月24日

ブログ、しばらく放置します

みなさま、大変ご無沙汰しております。
今年の1月17日、元気な女の子を出産しました。
赤ちゃんとの生活は想像をはるかに超えた大変さで、ブログを更新している時間がありません。(私のブログ更新は1日仕事なのです)
そんな訳で申し訳ありませんが、nao及び娘ゆーわんの近況はfacebookTwitterの方でご覧ください。
また落ち着いたらこちらのブログの方に戻ってまいります。
ではでは。

task06009 at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2013年06月21日

いのち と いきる

IMG_6211
みなさま、大変ご無沙汰しております。
naoです。

気が付けば、2ヶ月以上ブログを放置しておりました。。
ごめんなさい。

まずはとても嬉しいご報告。
お腹に小さな命を授かりました。
今、妊娠8週目です。
つわりがなかなかに苦しくて、文字を打つのも億劫で、
Twitterもfacebookもずっと放置してしまいました。

ずっと体調がすぐれず、毎日つわりに苦しみながら、
小さな子供だった頃から今までの自分の人生を振り返っていました。


ここから先、めちゃめちゃ長いです。
お許しあれ。


私は赤ちゃんの時、足が悪くて入院をしていました。
足をギプスで固めたりしていて、歩き始めたのは普通の赤ちゃんより
1年ほど遅かったそうです。
そのせいか運動神経は最悪。
走るのは遅いし、スイミングスクールで溺れて兄に救出される始末。
体育の成績は5段階評価の2(事実上の1ですね)をもらったこともあります。

学校って場所は、なぜだか体育のできる子が偉い子的な扱いを受けます。
で、その逆もしかり。

あと給食が苦手な子もダメな子扱い。
私はお肉が食べれなかったので給食はいつも大変でした。
次の授業が始まってもまだ食べさせられたり、掃除が始まってもまだ食べさせられたり、
先生に無理矢理お肉を口の中につっこまれたり。。

学校、大嫌いだった。

中学と高校は同じ女子校に6年間通いました。
いろんなことがあった。

学校、大嫌いだった。

それでも、通わなきゃいけない。
何故なのか、理解できなかった。
あと何年、この牢獄に入れられるのか・・・
時間は永遠のように感じられました。

生きることの意味がわからなかった。
やりたいこともなかった。

だから、私は若い頃、
「子供なんか絶対に生むもんか」
と思っていました。
この世界に絶望していたからです。
「こんなクソみたいな世界に無責任に命を産み落とすなんて」
と、世の母親たちを軽蔑していました。

両親は、それはそれは私をかわいがってくれました。
それはちゃんと言っておきたい。
父と母には心から感謝しています。
愛情をたっぷり受けて本当に幸せな家庭に育ったんです。

ただ、私という子供は、学校とか、塾とか、なんというか日本の社会というやつに
簡単に馴染むことができなかった、それだけです。

だけど私は、そんな社会不適合者だった自分を変だとは思っていません。
むしろ、まともな神経を持った子供であり若者であった、と思っています。


初めてお付き合いした人は、とても素敵な人でした。
優しくてお洒落でハンサムで、いつだって私を愛してくれて、
自分が自分であることの大切さを教えてくれた、私にとって偉大な人でした。
彼がいなかったら、今の私は存在していません。

彼は、まともな神経を持った若者でした。
つまり、この世界に絶望していました。

今思えば、私たちを結びつけていたのは『死』でした。
いつか一緒に死ぬことが、私たちの生きる希望でした。

「もう死ぬ?」
と言った彼の優しい顔が忘れられない。

だけど私たちは子供でした。

美術大学を卒業して、ゴハンを食べるために働くようになり、
気が付けば、つまんない大人に片足をつっこんでいた。
そして私たちの10年は終わりました。

その後38歳まで独身でいたので、それなりにいろんな恋愛をしました。
同棲も婚約も包丁沙汰も結婚詐欺まがいも、その他もろもろ、まぁいろいろ。

どうしようもない恋愛を繰り返しながら、それでもいつも全力で愛したから後悔はなく、
ただ最後はいつも愛情をしぼりつくしてカスカスのスポンジになった気分でした。

30代後半に入り、私はまた京都で1人暮らしを始めました。
その時出会った人と死ぬほど苦しい恋愛をしながら、
「もう死んでしまたい」
と何度も思いました。

だけどジャッジアとキラヨシを残して行く訳にはいかなかった。
彼らの命を救った以上、私には責任がありました。
「この子達が死んだら私も死のう。絶対死のう」
そう思いながら生きていました。

突然ですが、女性にはタイムリミットがあります。
「もうすぐ産めなくなる」
という思いは、おそらく遺伝子の中から湧き上がり、
多くの30代後半独身女性は、その強烈な遺伝子からの警告に苦しめられます。

そして私もそいつに苦しめられ始めます。

「死にたいのに産みたい」
「死ぬほど産みたい」
「産めないなら死にたい」

世の中に絶望しているくせに子供が欲しいなんて、とんでもなく矛盾。
だけど、とにかく母になりたかった。
「明日にでも母になりたい」
が私の口癖になっていました。

偽装結婚の報酬に出産、なんていう話まで舞い込みました。

頭も心も体も、混乱に混乱をきわめ、ただ病んでいました。

何度も何度も、死にたくなりました。
だけどその度、ジャッジアとキラヨシが私をこの世界に引き留めました。

人生で一番苦しい時を生きながら
「なんで生きるのはこんなに苦しいんだろう?」
「何か、おかしくはないか??」
私はやっと疑問を感じ始めました。

そして藁にもすがる思いで、
あんなに毛嫌いしていたスピリチュアルな思想に救いを求めました。
「自分の人生を変えられるのは自分だけなんだ」
私は懸命に内面を鍛え始めました。

少しずつ、世界は変わり始めました。
不思議なご縁で、Vegans Cafeの松田店長をはじめ、いろんな人と繋がり始めました。
また会えた、と言った方がいいのかもしれない。

気が付けば、私はとても幸せになっていました。
30代後半で独身、貧乏、売れない陶芸作家、という自分の立場は変わらないのに、
とても幸せでした。

そんな時、青木晋太郎さんという人と、繋がりました。
nao、38歳の冬でした。

晋太郎さんは私とは違い、真っ白でした。
世界の美しい部分だけを見て、子供の心のまま大人になったような人です。

天上界に生きていた人なんではないだろうか・・・

日々一緒に暮らしながら、私はそう、本気で思っています。


39歳。
私はお腹の中に、小さな命を宿しました。
大好きな晋太郎さんと私の赤ちゃん。

今、人生で一番、幸せな毎日を生きています。



話は変わり、前回お知らせした骨髄提供は、
『患者さんの都合』というのでコーディネート終了になりました。

この『患者さんの都合』というのは、
「他にもっと良いドナーさんが見つかった」
もしくは
「患者さんの容態が悪化した」
このどちらかであることが多いのだそうです。
前者であることを、心から祈ります。


naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさんと
埼玉more recordsさんでご覧いただけます。
インターネット通販は現在Creemaさんを利用させてもらってますが、
近日中にHPを開設予定です。
今後はそちらで、もっと簡単に通販を楽しんでいただけると思います。
もう少しお待ちくださいね。


それでは、それでは、今回はこれにて終了。
最後まで読んでくださってありがとうございました。


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 16:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2013年04月02日

骨髄提供するかも・・・

IMG_5696
みなさん、こんにちは。
naoです。

先日のMORE STYLE MARKETに来てくださったみなさん、作品をお買い上げくださったみなさん、楽しいライヴをしてくれたアーティストのみなさん、わくわくなゴハンや作品を出店してくれた出店者のみなさん、なによりあんなに素敵なイベントを企画してくださったmore recordsのみなさん、そして出会ってくれた全ての方、みんなみんな本当にありがとうございました!

夢のように楽しい2日間でした。
more recordsさん、次回もとっても楽しみにしてます〜♪


さてさて、タイトル通りです。
私nao、骨髄提供することになるかもしれないのです。

骨髄バンクにドナー登録したのはいつだったかなぁ?とブログをたどる、、と、もう3年以上前でした。
忘れた頃にやって来るんですね。。
(ドナー登録した日の記事、不良VEGANはこちらです。その後に書いた不良VEGAN卒業宣言も合わせて読んでいただけると嬉しいです)

あの頃、私はバリバリのAR(アニマルライツ)ビーガンでした。
常に何かと戦っていました。
実際、イルカ猟の町である太地町へ行って漁師の方と喧嘩したり、、じゃなくってお話ししたり(笑)警察の方ともお話しさせられたり(苦笑)
いやいや、まぁ、、ね・・・あの町で外国人と一緒にいるだけで目はつけられちゃいますからね。
しゃーないんですよ。

で、なんだろう、、熱い勢いでドナー登録しちゃったんですね。
でも登録の際に必要な採血だけで卒倒しそうになっていて、
「こんなんで骨髄提供なんかできるんか?」
「ま、そうなったらその時に考えよう・・・」
なんて思ってた訳なんです。

その時になっちゃったよぉ。。

天使のように誰にでも優しい晋太郎さんですら
「僕なら(骨髄提供)しませんね」
とあっさり言ってくれるし、私の周りで応援してくれる人と言ったらビーガンお兄ちゃんただ1人。。
心細いったらありゃしない。。。

私は昔から動物が大好きで、動物が好きだからベジタリアンになり、そしてビーガンになりました。
もちろん物事というのは全て白か黒か決められるものではなくて、完璧とか完全な正しさというものは、おそらくありません。

11年前、保健所に連れて行かれそうになっていた仔猫(ジャッジアとキラヨシ)の命を救ったことにより、私はキャットフードになる鶏たちの命を奪い続けています。
これは大きな矛盾です。
だけど、私は目の前の、今見て見ぬ振りをしたら確実に消されてしまう小さな命を見捨てることはできませんでした。
きっと、これからもそうだと思います。
(ビーガンキャットフードをジャジキラに与えてた時期もありましたが、本来肉食動物である彼らの体調を崩すことになってしまい、それからはきちんと動物性のキャットフードを与えています)

えーと、だから、何が言いたいのかと言いますと、自分の選択が絶対に正しいとか、そんな風には思ってないってこと、です。
ビーガンが正しいとか、骨髄提供すんのが正しいとか、そんな風には思っていない。
ただ、自分の選択というのは、自分の心の声に従うしかなくて、私は私の道を行くしかないんです。

そりゃね、痛いのは嫌だし入院なんてしたくないし、正直めちゃめちゃ怖いです。
でも、動物の命は気にするのに、人間の命は気にしないなんて不自然だと思うんです、自分がね。
この平和な国で、お医者様でもないちっぽけな私が、人の命を救えるかもしれない。
これって、すごいことだと思うんですよね。
だから「怖い」なんて理由で、私は逃げたくないんです。

私は輪廻ってやつを信じています。
だから、死んだらそれでおしまいだとは思っていない。
でも、私はまだ死にたいとは思わないし、この世に生まれて来た魂はみんな、この生を精一杯楽しみたいと思っているんじゃないのかなって。
人の命の長さは最初から決まっているのかもしれないけれど、
「生きたい」
って思っている人を、魂を、何かのきっかけで助けるタイミングに自分がいるのなら、私は心の声に従って、進もうと思う。

勇気を出して、行って来ようと思います。

写真はMORE STYLE MARKETで出会ったアーティストのまつえさんからいただいたつぶつぶキャンドル。
ろうそくの炎を見つめながら、命について考える。。


今回は久しぶりに内面のお話しでした。
次回もどうぞ、よろしくです。


naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 20:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 | ベジ、動物関係

2013年03月28日

MORE STYLE MARKET

IMG_5668
みなさま、大っっっっ変ごぶさたしております。
naoです。
まずはつぶつぶカフェさんでの個展に来てくださったみなさま、つぶつぶスタッフのみなさん、ありがとうございました。
そしてVegans CafeさんでのKyoto Vegans Partyに来てくださったみなさま、Vegansのみなさん、ありがとうございました。
いつの話しやねん!?って感じですが。。
個展もKVPもその他も、毎日わくわくにこにこやってたら、気付けばずいぶんブログを放置しておりました。。。

つぶつぶカフェさんでの個展は、また秋頃にさせていただけるかもしれません。
KVPの方は、ちょっと次回の開催が未定なのですが、必ず開催します。
どちらも決まりしだい、お知らせさせてもらいますね。

そして今回も、またお知らせのみになってしまい申し訳ないのですが、イベント出店のお知らせです。
次回は、次回こそは、、ちゃんと書きます。。
たぶん。。。

え〜、もう明後日とせまっているのですが、
3月30日(土)、31(日)の2日間さいたまスーパーアリーナにて開催される
MORE STYLE MARKET
に夫婦で出店させていただきます!

晋太郎さんは30日(土)の14:30頃からアコースティックスペースでライブ出演、私の陶芸作品は両日出店しています。

上の写真にあるような陶製ペンダントトップ(写真は焼き上げ前のものです)や豆皿、おちょこなど、小さな子たちを中心に連れて行きます。
いつもお世話になっているmore recordsさんのわくわくイベント、ということで、ペンダントトップALL500円、豆皿&おちょこALL1000円、というスペシャル価格で販売させていただきますよん♪

ご都合よろしかったら、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいませ☆
晋太郎さんと2人で、心よりお待ちしております。

ほんっとに短くてごめんなさい。
今回はこれにて。。

みなさん、素敵な春の日々をお過ごしくださいね。


naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年02月07日

関東初個展&KVP12のお知らせ

IMG_5269
みなさん、こんにちは。

つぶつぶカフェさんでの関東初個展がせまってきました。
期間は2月12日(火)〜18日(月)。
naoの在廊日は初日12日(火)と17日(日)、最終日の18日(月)です。
遊びに来ていただけると嬉しいです。

バレンタインデーも近いし、結婚して初めての展覧会だし、期間中につぶつぶさんで晋太郎さんのピアノライブもあるし・・・な今回、新作は全て愛をテーマに作陶しました。
恋が実る、愛が深まる、そんな陶器たちを中心に展示させていただきます。

創りながら
「ヤバい、、か、かわいすぎる〜!!」
と何度も思った自信作ばかりです。
自分で言うな〜って感じですが(苦笑)

で、展覧会名は
nao陶展『らぶらぶ@つぶつぶ』
で行こうと思ってたんですが、つぶつぶカフェさんのHPに、ちゃんと動物にも人にもやさしいやきもの展としてご案内していただいてました(笑)
ありがとうございます。

晋太郎さんのピアノライブ「ピアノウタ」は

日 → 2月12日(火)
2月17日(日)
時間→ 両日共に19:00〜21:00(会場18:30)
会場→ つぶつぶカフェ早稲田店
料金→ 当日5,000円 前売4,200円(予約可)
    お食事、1ドリンク込み
問い→ つぶつぶカフェ
    03−3203−2093
    tsubucafe@team-e.jp

です。
つぶつぶカフェさんの人気メニュー雑穀美膳と晋太郎さんの優しいやさしいピアノをお楽しみいただけます。
今回の「雑穀美膳」はロールキャベツにチーズフォンデュ(もちろん100%植物性♪)なんかがあるみたいで、今からめちゃくちゃ楽しみなnaoです。

みなさん、一緒に素敵なお食事とピアノを楽しみましょう♬
もちろん私の作品も同じ店内でご覧いただけますよ〜。

「ピアノウタ」詳細はこちらをご覧くださいね。


それからそれから、KVPのお知らせです!
KVP12は3月2日(土)に開催します。
個展の関係で今回ちょっとイレギュラーになってます。

「Kyoto Vegans Party vol.12」

日にち;3月2日(土)

時間;17:30 Open 18:00 Start (20時ごろ終了)

会費;3000円 小学生のお子様1500円、小学生以下は無料
(フリービュッフェ形式です)

場所;Vegans Cafe and Restaurant
京都市伏見区深草西浦町4丁目88
TEL 075-643-3922

ご予約はkyoto.vegans.party@gmail.comまで
 *お名前
 *お電話番号
 *メールアドレス
 *ご予約人数
を添えてお申し込みください。

 ※3日以内に返信がない場合は、お手数ですが
 こちらのブログのコメント欄にてお知らせください。
 ※お料理の準備の都合上、ご予約の承り及びキャンセルは
 3日前の2月27日(水)夜までとなっております。
 ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 なお、ご予約は先着順で定員になり次第終了とさせていただきます。

KVP12〜Kyoto Vegans Party vol.12 は定員に達しましたので、
ご予約の受付を終了させていただきました。
沢山のご予約、本当にありがとうございました。


今回は晋太郎さんのピアノはお休みとなります。
みんなでわいわい、Vegansさんの激美味お料理の数々を心ゆくまで楽しみましょう♡


KVPのグループページKyoto Vegans Partyがfacebookにあります。
お気軽に、メンバーになってくださいね。
naoはここです。

naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


ではではみなさま、つぶつぶカフェさん、Vegans Cafeさんでお会いしましょう!!


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 15:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 工房、陶芸関係 | KVP

2013年01月05日

あけましておめでとうございます

007みなさま、新年あけましておめでとうございます。

2013年が始まりました!

昨年は、私にとって本当に大きな変化の1年でした。

青木晋太郎さんに出逢い、ものすごいスピードで結婚。

ジャッジアキラヨシと一緒に京都から埼玉へやって来て、東京でアルバイトを始めて。

今年の2月にはつぶつぶカフェさんで、関東初の個展をさせていただけることになり。

他にもいっぱいいっぱい、いろんなことがあったんだけど、やっぱり結婚と上京(埼玉ですが)は大きいです。


写真はちゃんとした(?)ウェディング・フォト。
白無垢に綿帽子&角隠し、ウェディング・ドレスも着させていただいたのですが、これが一番お正月っぽいので。
(以前UPした番外編ではなく、ちゃんとした?ウェディング・フォトはこちらでご覧いただけます。自分では心残りな部分もあるのですが・・・)


2月の個展まではバタバターっと時間が過ぎてしまいそうな予感。
だけど今年も一生懸命、幸せに生きようと思います。
いつも笑顔で、にこにこと、楽しく。

動物達や、人や地球を笑顔にしたいならば、まずは何よりも自分が笑顔にならなければいけない。
私はそう思います。
もちろん方法も選択も人それぞれで、その全てがその人にとっての正解なんだけど。

2013年。
きっと昨年よりも、もっとずっと素敵な1年になる今年。
ますますわくわくで行きましょう♪
今年もどうぞよろしくお願いします☆


つぶつぶカフェさんでの個展は、2月12日(火)〜18日(月)です。
在廊日等、また詳細が決まり次第お知らせさせていただきますね。
それから次回KVP12は3月2日(土)を予定しています。
こちらはもうご予約受付中ですが、後日またきちんと記事にしてお知らせさせてもらいます。
どっちもちゃんとできるか若干不安ですが・・・

KVPのグループページKyoto Vegans Partyがfacebookにあります。
お気軽に、メンバーになってくださいね。
naoはここです。

naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


それではみなさま、素敵な1月を、素敵な1年を、一緒に過ごしましょう!!


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2012年12月09日

菜食で世界に愛を〜Vegans Love the World〜KVP1周年☆

IMG_4776
みなさん、こんにちは。
ベジタリアン陶芸作家(ビーガン)のnaoです。

今回はついに1周年を迎えるKVP〜Kyoto Vegans Party vol.11〜のお知らせです。
の、その前に!
写真の素敵なTシャツについてお話しさせてください。

IMG_4770このTシャツはnaoがデザインしたVegansさんのTシャツなんです☆
まぁデザインとかエラソーに言うほど何かをした訳ではないのですが(笑)

この夏にVegansの松田さんご夫妻と東京ベジカフェツアーをした時に
「VegansのTシャツを作りたいね」
という話になり、作ったもの。

『Vegans Love the World』
というのは
『菜食で世界に愛を』
って感じの意味で、松田店長が多くの人に伝えたいメッセージです。

シンプルで日本人にもわかりやすいこの言い回しは、KVP皆勤賞なアメリカ人の女の子ジーナが考えてくれました。
『ビーガン(の人たち)は世界を愛してます』
というような意味にもなるそうです。
ジーナ、ありがとう。

このとっても素敵なTシャツはVegansさんで販売しておりますので、お店に行ったらぜひ見てみてくださいね。
カラーは6色で、サイズはXSと、M、Lの3サイズです。

Vegansさんにはnaoの作品も置かせてもらってますので、こちらも手に取って見ていただけると嬉しいです。

あと先日、Vegansさんのことが毎日新聞の記事になりましたので、こちらもぜひぜひご覧ください。
なんか嬉しいですね〜。


さてさて、それではKVPのお知らせです。
次回12月29日のKVP11〜Kyoto Vegans Party vol.11〜は、1周年記念☆

昨年末にVegansの松田さんと出会い、年末の12月30日に記念すべき第1回KVPを開催して、あっという間に1年です。
(松田さんとの出会いの過去記事はこちら、1回目のKVPについてはこちらこちらをご覧くださ〜い)

この1年はnaoにとって、文字通り激動の1年でした。
共同開催だったKVPを1人でやることになり、青木晋太郎さんに出逢い、結婚し、埼玉へ引越し。。
あ、KVPのお知らせでしたね(笑)
え〜、ではどうぞ↓


「Kyoto Vegans Party vol.11」

日にち;12月29日(土)

時間;17:30 Open 18:00 Start (21時ごろ終了)

会費;3000円 小学生のお子様1500円、小学生以下は無料
(フリービュッフェ形式です)

場所;Vegans Cafe and Restaurant
京都市伏見区深草西浦町4丁目88
TEL 075-643-3922

ご予約はkyoto.vegans.party@gmail.comまで
 *お名前
 *お電話番号
 *メールアドレス
 *ご予約人数
を添えてお申し込みください。

 ※3日以内に返信がない場合は、お手数ですが
 こちらのブログのコメント欄にてお知らせください。
 ※お料理の準備の都合上、ご予約の承り及びキャンセルは
 3日前の26日(水)夜までとなっております。
 ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 なお、ご予約は先着順で定員になり次第終了とさせていただきます。


今回は1周年にふさわしく、久しぶりに全員集合な感じなんですよ。
お久しぶりなミラクルビーガンパン1538さんに、
ビザの関係でNY行きが少し延期になり今回も出店してくれることになった(わーい♡)ビーガンスイーツのVeggie Sweetsさん、
そして毎回大好評でnaoも愛用しているビーガンコスメのErinaちゃんも、もちろん出店してくれます。
それからお仕事が忙しくてなかなか参加してもらえなかった青木晋太郎さんのピアノ演奏も久しぶりに楽しんでいただけますよ♪
晋太郎さんの参加は今後は難しいかもしれないので、年末も年末ですが、ご都合よろしかったらぜひ遊びに来てくださいね。

KVPはベジタリアンだけの集まり、とかではなく、何かの勧誘とかもなく(ベジ=宗教と思われる方がいまだに多いので、、苦笑)ほんっとに美味しいVegansさんのお料理を、いろんな人と一緒にみんなでわいわい楽しく食べて、お喋りして、新しい出会いや人との繋がりを広げていく・・・そんなパーティーです。
松田さんご夫妻の、世界に愛を伝えるお食事の美味しさは食べて納得、食べてみなけりゃわかりません!

気になるなぁ、、と思ったら、どうぞお気軽に参加してみてくださいね。
みなさんにお会いできるのを、心から楽しみにしています。


facebookにKVPのグループページKyoto Vegans Partyを作ってます。
お気軽に、メンバーになってていただけると、嬉しいです。
naoはここにおります。
お友達になっていただけると、やっぱり、嬉しいです。

naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


それではみなさん、年末に京都でお会いしましょう☆

IMG_4774


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote KVP 

2012年11月16日

状況・・・上京

IMG_4647
みなさん、こんにちは。
また、ものすごーくご無沙汰しております、naoです。

今日の予定がキャンセルになり、ぽっかり時間があいたので
作陶の続きを・・・
と思ったけど、
いやいや、どんだけブログ放置すんねん?
という心の声が聞こえ、パソコンぱかっと開きました。


結婚して、埼玉へ引っ越してきて4ヶ月。
友達も、親戚も、誰もいないこの土地で、お喋りをする人間は晋太郎さんただひとり。
時々違う人と話しても、みんな標準語、そして敬語。
(ちなみに超個性派な晋太郎さんは、嫁の私に対しても敬語で話します)

ちょっぴり
ぽつん・・・
って感じになっていた、、ら、
「naoちゃんバイトしぃ」
と言ってくれた、関西の友人たち。

アルバイトをしながらの陶芸作家から、自分のアトリエ&ショップを持つようになって、(食べれていたかどうかはともかく)やっとアルバイトをやめて、自分なりに少しずつ進んできたこの道。
だけど関東って土地は、ある意味まったくのアウェイ。
また最初から始めるのが、きっと良いのだ。

そんな訳で昨日から東京で働き始めました。

晋太郎さんのお友達の某劇団主宰S氏に紹介していただいたこの職場。
(Sさん、本当にありがとうございます)
俳優さんやミュージシャンや、いろんな夢追い人の集まる不思議で素敵な場所。
しかもとーってもきれいな水辺の近く。
大好きなカモメもいて、東京タワーもスカイツリーも見えて、
ほへぇ〜
って、
ぽか〜ん
って、ひとり眺めておりました。

水色の空を映す鴨川の水面を思い出しながら。

鴨川よりもずっと広くて大きな隅田川が映すのは、キラキラと輝く都会の光。

「あぁ、私、東京に来たんやな・・・」

生粋の京都人のみなさまからはお叱りを受けそうですが、
『上京』して来たんだな、と、しみじみと思った昨夜なのでした。


またひとつ、少しずつ、進んでいるこの道に降ってきたキラキラ。
これからも、にっこり笑顔で鼻歌なんぞ歌いつつ、小躍りしながら歩くとしましょうか。


そうそう、今月は京都ベジタリアンフェスティバルがあるのでKVPはお休みです。
(次回KVPは12月29日(土)を予定しています)
Vegans Cafe and Restaurantさんも、"Veggie Sweets"のミーティアちゃんも、Erinaちゃんも、みんな出店してますよ。
naoは今年は出店しませんが、埼玉から遊びに行きます♪


facebookにはKVPのグループページKyoto Vegans Partyがあります。
お気軽に、メンバーになってていただけると、嬉しいです。
naoはここにおります。
お友達になっていただけると、やっぱり、嬉しいです。

naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。
こちらもどうぞ、よろしくです。

IMG_4646

それではみなさま、冬の匂いに胸ときめかせつつ、素敵な毎日をお過ごしくださいね☆


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
   


task06009 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2012年09月30日

幸せな毎日と、KVPのお知らせと

IMG_5001
またまたご無沙汰しております。
涼しくなったり、あたたかさが戻ったり、お空はなんだかあわただしいですが、
のんびりまったりほのぼのと、幸せな毎日を送っております、naoです。

先日、実家の神戸に戻りウエディング フォトを撮っていただきました。
IMG_4969お式をしなかったので、妹と両親からのプレゼントです。

お着物2着とウエディング ドレスまで着させてもらえて、
いーっぱい、いろんな写真を撮ってもらって、とても幸せな時間でした。

お父さん、お母さん、ゆーみん(妹)本当にありがとうございました。
ちゃんとしたお写真は年末頃ですが、
ロビーで撮ってもらった写真たちの一部をこちらでご覧いただけます。
見たい〜という方、どうぞです。

なんかね、
あぁ、結婚をしたのだなぁ・・・
と、なんというか、しみじみと、思い、しみじみと、幸せで、うん、幸せです(笑)


それからそれから、9月24日に39歳になりました。
お祝いのメッセージをくださった沢山のみなさん、ありがとうございました。
年々増えるお祝いメッセージに、ますますの幸せを感じ、ますます感謝です。
みなさん、いつも本当にありがとうございます。


さてさて、KVPのお知らせです。
なんだかんだで、次回10月27日のKVP〜Kyoto Vegans Party vol.10〜は3ヶ月ぶり!
10月10日がVegans Cafe and Restaurantさんのオープン1周年記念日なので、そのお祝いも兼ねて楽しく開催したいな、と思ってます☆

また、いつも出店してくれているビーガンスイーツ"Veggie Sweets"のミーティアちゃんが、活動の場をNYに移すことになりました。
次回のKVPが最後の出店となります。
延期になった京都ベジフェスにはもう出店できないため、KVPが最後の最後かもしれません。
"Veggie Sweets"ファンのみなさま、音楽の方でミーティアちゃんファンのみなさまも、ぜひぜひKVPに遊びにいらしてくださいませ♪

毎回好評でnaoも愛用しているErinaちゃんのビーガンコスメ販売も、もちろんありますよ。
残念ながら次回、ミラクルビーガンパンの1538さんと青木晋太郎さんのピアノ演奏は、お仕事の関係でお休みとなってしまいました。
そのかわり、といってはなんですが、naoからみなさまに、ささやかながらプレゼントをご用意させていただく予定です。
わくわく楽しく、愛を込めて作陶させていただきますので、
ご都合つく方は、ぜひぜひぜひっ!遊びに来てもらえると嬉しいです♡


「Kyoto Vegans Party vol.10」

日にち;10月27日(土)

時間;17:30 Open 18:00 Start (20時ごろ終了)
 ※今回はピアノ演奏がないのでいつもより早くお食事が始まり、早く終わります。

会費;3000円 小学生のお子様1500円、小学生以下は無料
(フリービュッフェ形式です)

場所;Vegans Cafe and Restaurant
京都市伏見区深草西浦町4丁目88
TEL 075-643-3922

ご予約はkyoto.vegans.party@gmail.comまで
 *お名前
 *お電話番号
 *メールアドレス
 *ご予約人数
を添えてお申し込みください。

 ※3日以内に返信がない場合は、お手数ですが
 こちらのブログのコメント欄にてお知らせください。
 ※お料理の準備の都合上、ご予約の承り及びキャンセルは
 3日前の24日(水)夜までとなっております。
 ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 なお、ご予約は先着順で定員になり次第終了とさせていただきます。


facebookにKVPのグループページKyoto Vegans Partyを作ってます。
お気軽に、メンバーになってていただけると、嬉しいです。
naoはここにおります。
お友達になっていただけると、やっぱり、嬉しいです。

naoの作品は、京都Vegans Cafe and Restaurantさん、埼玉more recordsさん、
インターネット通販はCreemaさんでご覧いただけます。


最後は、神戸の両親と3人で撮った写真です。
素敵な秋の日々、にっこり笑顔で楽しく、過ごしましょうね。

IMG_4954

 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote KVP 

2012年09月02日

あらためまして・・・

IMG_3956
どうも、大変ご無沙汰しております、naoです。

あらためまして・・・

7月12日、京都から埼玉へ引っ越して来ました。
ジャッジアとキラヨシと一緒に新幹線に乗って来ました。
彼らにとってはニャン生初の大アドベンチャーです。
ふたりともよくがんばってくれました。

そして7月17日、人として、アーティストとして、
宇宙でいちばん尊敬している青木晋太郎さんと入籍をさせていただきました。
「仲がいいな」の日です。
日々、晋太郎さんのピアノを生で聴けるというこのありがたい環境の中、
いろんなものを吸収して、
ますます素敵な作品を創って行きたいと思っています。

IMG_3583埼玉は本当にいいところです。
人も、空気も、空も、ほのぼのとあたたかく、
私たちを受け入れてくれます。
この素晴しい毎日に、ただただ感謝です。

毎日わくわく♪ お食事を作ったり、
お洗濯やお掃除をしたり、
本を読んだり、
自転車に乗ってみたり、
作品を自宅内の工房に並べてみたり・・・

ゆったりと幸せな日々を過ごさせていただいてます。

IMG_3906ジャッジアとキラヨシも新居に慣れたようで、
広いお家の中、1階から2階へ駆け上がってみたり、
階段で寝そべってみたり、
いっぱい食べていっぱい眠って、
幸せそうにしています。

そんな感じで、私たちは今日も幸せです。

IMG_3667そうそう、さいたま市は大宮にある
more recordsさんという素敵なお店に、
作品を置いていただけることになりました。
ここは全CD試聴出来て、ちゃんと椅子があって、
飲み物まであって、
そりゃあもう音楽好きなら一日中遊んでいられる、
夢のようなCDショップなんです。

本当に素敵なお店です。

naoの作品は今はまだ、
サンプルに持って行った4点のみの販売なのですが、
今後もっと持って行って、置いていただく予定です。

埼玉のみなさん、だけじゃなく関東のみなさん、いやいや全国のみなさん、
ぜひぜひmoreさんに遊びに行ってみてくださいね。

引き続きCreemaさんでのインターネット通販もやってますので、
こちらもどうぞよろしくお願い致します。

9月に入り、なんだか涼しくってますます素敵な毎日です。
みなさんも、どうぞわくわく素敵な日々をお過ごしくださいね☆

IMG_3954

 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 17:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote その他 

2012年08月03日

新天地さいたまよりKVP9のお知らせ

IMG_3611
みなさん、こんにちは。
ベジタリアン陶芸作家、と名乗ることが多いけど、
ビーガン陶器を創ってるビーガンの陶芸作家のnaoです。

大変ご無沙汰しております。

やって来ました埼玉へ。
いい所です、ここ、ホント。

新天地さいたまで、引越しの荷物に囲まれながらの新米主婦ゆえ、
今回も短いめ、おゆるしください。


まずは大変遅くなってしまいましたが、
7月28日、KVP8へ来てくださったみなさま、ありがとうございました!
回を重ねるごとに、ますますにこにこゆるゆるわくわくの
素敵なパーティーになっているのを実感しています。

いつも美味しいだけでなく、あたたかくて優しくて、
心も体も喜ぶお料理を創ってくださるVegans Cafe and Restaurantの松田さんご夫妻、
ミラクルビーガンパンの1538さん、
今回は日焼け止めに衝撃を受けました(リピ確定の秀作です!)
ビーガンコスメのErinaちゃん、
家族になったけどやっぱり尊敬している素敵なピアノの青木晋太郎さん、
みなさん本当にありがとうございました。

今回も沢山の「はじめまして」な方々にお会いでき、
「お久しぶり」な方々にもお会いでき、
毎回参加してくださる「いつもありがとう」な方々にもお会いでき、
やっぱり私は幸せだなぁ...と、心から思いました。

毎回、私が一番楽しんでいる気がします...。
みなさん、いつも本当にありがとうございます。
またみなさんと一緒に、素敵な時間を過ごせるのを楽しみにしています☆


さて、8月25日(土)に開催します、次回KVP9のお知らせです。

「Kyoto Vegans Party vol.09」

時間;17:30 Open 18:00 Start (21時ごろ終了)

会費;3000円 小学生のお子様1500円、小学生以下は無料
(フリービュッフェ形式です)

場所;Vegans Cafe and Restaurant
京都市伏見区深草西浦町4丁目88
TEL 075-643-3922

ご予約はkyoto.vegans.party@gmail.comまで
 *お名前
 *お電話番号
 *メールアドレス
 *ご予約人数
を添えてお申し込みください。

 諸事情により、8月25日(土)KVP9は開催を中止することになってしまいました。
 来る予定にしてくださっていた方には心よりお詫び申し上げます。
 本当に申し訳ございません。
 この経験から何を学びどう成長していくか...私の課題です。
 全ての出来事には良い意味が必ずあるので前向きに行きたいと思います。
 またKVPでみなさんにお会い出来る日を楽しみにしています。


 ※3日以内に返信がない場合は、お手数ですが
 こちらのブログのコメント欄にてお知らせください。
 ※お料理の準備の都合上、ご予約の承り及びキャンセルは
 3日前の22日(水)夜までとなっております。
 ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
 なお、ご予約は先着順で定員になり次第終了とさせていただきます。


次回もVegansさんの、心と体に優しく美味しい100%植物性のお料理の数々、
Erinaちゃんのコスメや、私naoの作品
(デザート時の飲み物を入れるカップと、その他作品を店内にて展示販売しております)
青木晋太郎さんの心に届くピアノ演奏
(18:00〜と20:30過ぎごろより、各30分くらいとなります)
などなど、「Vegan愛のフルコース」をご用意させていただきます♪
次回は素敵な似顔絵を描いてくださるアーティストさんもゲスト参加してくださいます。
お楽しみに♪


facebookにKVPのグループページKyoto Vegans Partyを作ってます。
お気軽に、メンバーになってていただけると、嬉しいです。
facebook、naoはここにおります。
お友達になっていただけると、やっぱり、嬉しいです。

作品のインターネット通販はこちらです。


それではみなさま、楽しい夏をお過ごしください!!


 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 17:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote KVP