2012年04月18日

Thank you for the music.

IMG_3300
みなさん、こんにちは。
ベジタリアン陶芸作家のnaoです。

今日は音楽のこと、ちょっと書こうかな。

「陶芸じゃなくて音楽?」
って、思われるかもですが、実はnaoは昔、CD屋さんの店長をやってました。
音楽は大好きなんです。

90年代後半。
美術大学を卒業する前に、アメリカ村の靴屋のデザイナーとして就職が決まっていたものの、当時大流行していたエアマックスのパチもんを作っていたそのお店に絶望。
4日で退職・・・
プライドも志しも高く、自分を信じて疑わない、傲慢な、バカモノ若者でした・・・ってまぁ、今もだけど(笑)

そして
「とりあえず陶芸だけはしたくない」
と思っていた私(なんとまぁ!苦笑)は、洋服屋さんやら雑貨屋さんやらペットショップやら、とにかく自分の「好き」だけをたよりにアルバイトを渡り歩きました。

そんな時、やっぱり「好き」だったから始めたCDショップでのアルバイトはとても楽しく、店長にも可愛がられ、いつのまにか社員にしていただき、最後は店長として、小さなお店を任せていただけるまでに。

なんだかんだで6年、その会社にはお世話になったんですよね。

店長のお仕事は、商品の発注から在庫、ロスの管理、アルバイトさんたちの募集に面接、教育、売場づくり、営業さんの対応に、会議出席などなど。
何から何まで1人でやる、かなり責任の大きな、でも自由で楽しいものでした。

だけど、
「何かこう、手を使って、直接モノを創るような仕事がしたいな」
なんて、贅沢にもモヤモヤと考えていた時、落ち続けるパッケージCDの売上とともに、会社のCD部門がなくなることに。
多くの社員さんが肩をたたかれる中、ありがたいことに
「本屋の店長として会社に残ってくれないか?」
と言っていただいたのですが、ちょうど良い機会だったので退職。

美大を卒業してから約10年、やっと陶芸の道に戻ることになったのでした。

音楽は基本雑食で、いいな、と思ったものは何でも聴きます。
特に好きなのは古いジャズやロケンロール。
古き良き、アメリカ音楽が好きです。

写真はピアノの音色とともに見た、鴨川の桜と青空と鳶。

いつも、今も、音楽とともに、生きています。

音楽の神様ってね、イカしてるんですよ。
音楽を愛する人間が、いつも音楽とともに、一生懸命、前を向いて、歩いていたら。
そして空を、見上げていたら。
音楽の神様は、それをちゃんと見ていてくだっさって、最高にステキなかたちで、導いてくださるんです。
とびっきりのプレゼントをね、とつぜん、でも完璧なタイミングで、届けてくださったりするんですよ。

そんでnaoはね、もらっちゃった。

もう、どれだけ感謝しても足りないくらいの、最高のプレゼント。

だからただ、ありがとうって、言うんです。

そしてこれからも、音楽を愛し、自分に忠実に、一生懸命、笑顔で、毎日をにこにこと、ゆるゆるわくわくと、生きるんです。

大好きなこの曲は、最近のnaoのテーマソング↓


この曲がFMで流れまくっていた頃は、表面的にしか歌詞の意味を捉えてなかったんですが、この歌詞って、今の自分にピッタリで、なかなかに深いのです。

扉があいたこのとき、私はわらっていて、
すべてをつなぐメロディーと、今、歩いくの、です。

Thank you, thank you for the music!!!


私のアトリエ&ショップvegan pottery naoは藤森寮にあります。
アクセスはこちら
作品のインターネット通販はこちらです。

 人気ブログランキングに参加してます  
 ポチッとしてもらえると、嬉しいです
         
     


task06009 at 15:04│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 音楽関係 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Tweet